wbtop11.jpg
ブログカラー.jpg
ブログカラー.jpg
↓ はじめに ↓ abaut.jpg
ブログカラー.jpg
ブログカラー.jpg
最近の記事
わくわく木工体験 ご参加ありがとうございました!
*************************
■ 毎月2日曜日 家具・リフォームなどの相談会やっています!■
***********************
ひだまりバナー.jpg
ナチュラルバナー.jpg
スマイルボックスバナー2.jpg
ウッドレーサーチョッパー.jpg
エンジェルプレートバナー.jpg
ヒノキの木ベラバナー2.jpg
Comehome27.jpg
メール.jpg

2008年02月24日

ウッドボックスのコンセプト。



木工房ウッドボックスの考える、『木』のありかた。



chairtable8.JPG





『木は生きている。』

日本には四季があり、その季節ごとに色々な表情を覗かせます。

湿度の多い季節には木は膨らみ
寒く乾燥した季節には収縮します。

地面から伸びている木だけではなく、製材した材木も同じです。
勿論組み上げた家具や建物も同じです。

末永く使える家具というのは、木に対して負担をかけない事。
木目を無視して加工したり木が呼吸できないような
塗料を塗ったりしない事が最優先されます。

2867.JPG



『木を活かす』


木には暖かみや肌触りのよさなど多くのメリットがあります。

その良さを活かすのも良い家具作りの一つだと考えます。

使うほどに手になじむドアノブなどの普段人が触れる分部は
時間と共に柔らかい光沢と丸みを帯びます。

そうさせるためにも木を 『 生かした 』 作り方を心がけ
木の良さを最大に 『 活かす 』 のが大切なのです。


その中で デザイン ・ 加工技術 ・ 使い勝手のよさ などに優れた家具が

『 末永く使えるいい家具 』

と、私したちは考えます。

その 『 末永く使えるいい家具 』 つくりを目指し
頑張っていきたいと思っています。


2624.JPG



WOODBOX 代表 森下






posted by 木工屋 at 12:08| ☁| Comment(0) | ■ウッドボックスのコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

手作り家具 【 木工房 ウッドボックス 】

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。